心想事成 the Hong Kong affair

灣仔龍門大酒樓

f0067584_17538.jpg広東語のクラスで、飲茶の話が出た頃、私の憧れの飲茶(點心)屋さんの他に、JAQ先生より
『灣仔にも古い飲茶屋さんがあるのよ~』とのご指摘。

     『こりゃ行くっきゃないでしょ~』

とN女史に抜け駆けして朝遅くに灣仔まで。

MTRの灣仔駅A3出口のトラム道沿いに「え”」というほどぼろくさい歴史を感じる酒樓が。。。
入るのもためらうその井出達でしたが。。。

     『入ってみました~』

今回からは店内の雰囲気もどうぞ。
f0067584_18887.jpgf0067584_182053.jpg
f0067584_183631.jpgf0067584_184755.jpg
f0067584_19827.jpg正真正銘の香港Old StyleはWagonこそありますが、狭い店内蒸篭置き場までのご案内となります。
店内は、お茶に飲茶をゆったりと澱むかというような勢いで流れる空間では新聞を読み電話をかけ、店員と談笑する緩やかな時間が。
f0067584_192956.jpgこちらのワゴンでは腸粉と手前にはお粥のワゴン。
f0067584_194845.jpg飲茶はMenuではなく、この蒸篭置き場に行って、とってくる方式。
これはWagon TypeよりふるゆかしいStyleでは。。。
f0067584_110496.jpgこちらは揚げ物、包み物、日本で言うと揚げ団子に春巻が鎮座しておられます。
日本人にはなじみあるお味が食べられます。
f0067584_1113355.jpgいわゆる日本でイメージする中華とは似ても似つかない強烈な本場の中華!?
一品一品が強烈な個性と油で満載の蒸篭たちです。
こんな時のお茶は日本人御用達の『香片(ジャスミン)茶』ではなく、油分分解成分満載の『普洱(プーアール)茶』を是非。
[PR]
by island_hk | 2008-05-25 01:38 | 飲茶:Dim Sum